スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.23 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アルコール依存症に関する12章

    0
      JUGEMテーマ:オススメの本

      かなり古い本だけど、内容が充実していて役に立った。アルコール依存症の研究でも有名な斎藤学先生の著作。

      「アルコール依存症は、回復はあっても治癒のない病気である」と一発目に書かれてあって、「あ〜、そうなんだやっぱり。。。」と、うなだれてしまった。

      私の母親は長年アルコール依存症で、現在肝硬変で入院中。退院はできないかも、と言われている。本人には伝えてないけど。

      こうなった原因ははっきりとわかっていて、それはヤケ酒。楽しいお酒はいいけど、ヤケ酒はろくなことにならない。

      ストレス発散のために飲む人は多いと思う。けど、私はストレスというのは、発散するのではなく、解決していくものじゃないか、と思う。母親はそれができる強さを持ち合わせてはいなかった。

      母親は酔って暴言はいたりするので、実家にいたころはしんどかった。シラフのときにそのことを言うと、「(酔ってて)覚えてない」というので、どないやねん、と無性に腹がたった。

      友達のお母さんたちは、お友達と元気に海外旅行へいったり、習い事を楽しんだり、韓流スターのおっかけをやったりして、人生を楽しんでいるというのに、なぜうちの母親は飲んだくれているのだろうと、むなしい気持ちになったこともある。比べてもしょうがないけど。

      しかしながら、私はもともと諦めがよいほうなのか、怨念が蓄積する演歌型の性格ではないようなので、最終的に心から「まあしょうがないか」と思えるけど、そうでない人はいっぱいいるだろうし、そういう方にとって、この本は役に立つと思う。

      | 1/21PAGES | >>

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM